大きな声で独り言

守谷野鳥のみち自然園「鳥のみち」さえずりと空撮動画をあなたに

守谷駅から徒歩15分のところに「鳥のみち」という木道があります。

「鳥のみち」は、守谷野鳥のみち自然園と呼ばれる里山の自然保護を目的としたエリアの一部で、地元の守谷市立愛宕中学校の生徒さんもボランティアに加わって整備された遊歩道です。

守谷市をはじめとする茨城県南地域は、常総台地と呼ばれる台地と低湿地が入り組んだ地形をしています。

人々は昔から、水はけのよい台地に集落と畑を作り、低湿地は水田にして暮らしていました。

しかし、低湿地はかなり水はけが悪く、自然のまま利用されない箇所もかなり残されています。

鳥のみちは、そうした未開発の低湿地のひとつで、愛宕中学校から守谷小学校、そして守谷城址公園に隣接している箇所に木道を整備したところなのです。

この「鳥のみち」は、年々整備が進み。とても気持ちの良い場所になっています。

とくに、この新緑の時期は気候も快適で、近所の里山ハイキングには最適ではないでしょうか。

今回作成した動画は、とくに鳥の声を聴きやすいように音質調整をしました。もともとの動画は、風切り音や自動車の音なども入っていたのですが、なんとか聞き苦しくないレベルにはなっていると思います。

ネットを検索してみると、この「鳥のみち」をドローンで空撮している動画を見つけました。こちらも併せてご覧になるととても面白いと思います。

自然から得られる情報量を膨大です。まさに、学習の本質がそこにはあります。

机上の勉強だけでなく、ぜひ、五感でこの膨大な情報をご家族で吸収しに行ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする