新豊洲「teamLab Planets TOKYO DMMcom」に行ってきました

先日、恩師の川島塾長の一時帰国のお話をこのブログでもしました。

山口市ナンバーワンの塾「かわ進」さんは翔智塾の生みの親

そのときに、待ち合わせに選んだのが新豊洲でした。

もちろん、お目当ては今話題の「teamLab Planets TOKYO DMMcom」です。

 

テレビなどでも盛んに取り上げられていたので、ご存知の方も少なくないかと。

 

というわけで、おっさん2名で突撃してきましたので、今日はその様子をご覧いただければ。

 

 

無数のLEDがきらめく空間を歩いていく川島塾長(オレンジ色のシャツを着ている方です)。

 

せっかく素敵な笑顔とピースをくださったのに、逆光で黒く潰してしまいました・・・(´・ω・`)

 

ヒザ下まである乳白色の水に、魚が花に変わるCGが美しい。しかし、写真ではまったく何が写っているかわわからないですが・・・(-_-;)

ちなみに短パンは無料で借りることができます。

 

部屋の広さや混雑具合もわかりますね。夏休みとはいえ平日でしたので、「混んでる」という印象はありませんでした。

 

個人的にはこれがいちばんの圧巻でした。ドーム状の天井に花のCGが舞います。だんだん平衡感覚がなくなっていくのもおもしろい。\(^o^)/

 

LEDが入っている半透明の直径1mくらいのボールで埋め尽くされている空間を歩いていく川島塾長。

 

こんなふうに色が変わります。

 

川島塾長、お忙しい中、おつきあいいただきありがとうございました。m(_ _)m

 

面白かったかと言われれば、面白かったと思いますが、それなりの値段しますからね。

評価は分かれそうな気もします。

 

 

夏休みもあと少し。

もう少し思い出を作りたい方は、ぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。

最新記事 by 中村 五十一 (全て見る)

シェアする