大きな声で独り言

山口市ナンバーワンの塾「かわ進」さんは翔智塾の生みの親

山口市のナンバーワン塾、「かわ進」こと、かわしま進学塾さんの川島塾長先生と東京で久しぶりにお会いしてきました!

 

今から15年前のことです。

とある塾の社員だった私はどうしたらその塾に貢献できるか考えていました。

 

「まず、経営者の考えを学んで、どうしたら会社に貢献できるか考えよう!」

 

そう考えた私は、当時はまた珍しかったインターネットで、塾長さんの想いが書いてあるサイトを探してみました。

そこで見つけたのは山口市のかわ進という塾の塾長日記だったのです。

その半年後には川島先生にお会いすることができたのは幸運でした。

 

「中村先生ほどの先生なら、独立して自分の理想を形にすべき」

 

そのときの川島先生の言葉が、STUDY PLACE 翔智塾の誕生の瞬間といってもいいと思います。

 

 

 

あれから、15年・・・

今、川島先生はマレーシアで開塾の準備をされています。

そんなお忙しい時に、「一時帰国したから、会おうよ!」と声をかけてくださったのです。

 

「翔智塾の国語のメソッドも教えてよ〜。」

なんて持ち上げてくださる人柄に、私はずっと惚れて続けでいます。(*^^*)

 

お会いすれば、

「翔智塾の人手不足を解消するスゴイ話しがあるんだけど」

と、すぐに作戦会議。わくわくが止まりません。

ちなみにこのスゴイ作戦。すぐに実行に移しますからね。(^^)v

 

限られた自分の時間と能力をフル稼働して、いかにして多くの人を幸せにできるのか。

 

これは、経営の最大目標であり、教育の最大目標でもあります。塾はまさにこのふたつを同時に可能にする素晴らしい仕事です。

 

その事をいつも、あの時からずっと、僕は川島先生から教えられ続けています。

 

 

 

それでは、今日はこのへんで。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする