22日(日)の朝刊に折り込んだチラシに込めた思い

高校受験の結果もどんどんでてきています。

あちこちで特待もいただけているようで、ほっとしています。

 

さて、明日の朝刊に新しいチラシを折り込みました。

ほんとうに一部の地域のみですが、よろしければ探してみてください。

 

新しいチラシには、成績アップに大切なことを書いています。

それは、なんといっても「国語力」です。もう何度もこのブログでも書いていますが、それでも繰り返し訴え続けます。

 

じつは、教育にかかわる方ならだれもがそう訴えるのですが、明確な方法論をもつ先生や塾はけっして多くないのです。

多くの方の国語の授業のイメージは、「ただ文章を読んで答えるだけ」なのではないでしょうか。

「とりあえず、英語と数学だけ受講」というご要望が多いのは、国語の授業に対するそういうイメージの結果なのだろうと思います。

 

しかし、STUDY PLACE 翔智塾では、国語力を、語彙力・速読力・構造分析力に分け、それぞれを鍛え上げる教材とノウハウがあります。

中学受験コースではすでに必修だったこの「国語力」の授業を、高校受験コースでもこれまで以上に積極的に取り入れていきます。

 

「まず数学と英語を・・・」ではなく、「まず国語を・・・」へ。

そんなふうに常識を変えていけるくらい、全力で取り組んでいきます。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。

最新記事 by 中村 五十一 (全て見る)

シェアする