大きな声で独り言

開業10周年を迎えました!

ちょうど10年前の、この日。2008年12月24日、クリスマスイブ。

私たちSTUDY PLACE 翔智塾は、南守谷の地でスタートを切りました。

多くの人たちに、私たちSTUDY PLACEの存在がクリスマスプレゼントのような存在になれれば・・・

そんな願いを込めて、クリスマスイブに開業をすることを決め、電話番号も「1224」にしてもらいました。

もちろん、生徒はひとりもいません。授業開始は新年度の3月を予定していたので、それまでは「無料自習室」としての営業でした。

初めて、教室にお越しくださったのは、当時小学4年生だったA君のお父さんとお母さん。

お父さんの「ねぇ、ここにしようよう。」の言葉に胸が熱くなったのを今でも覚えています。

そのAさんご夫妻が、STUDY PLACEのことをいろいろな方に広げてくださったおかげで、新年度の3月の時点で、小学5年生と中学3年生は「満席・入会キャンセル待ち」でスタートという奇跡のような幸運を与えていただきました。

あれから10年。守谷駅前校開校直後の東日本大震災と守谷市の放射線量ホットスポット化など想像もしないような困難も訪れました。

それでも、こうして10年目を迎えられたことは、多くの塾生とそのご家族の方々、そして献身的なスタッフたちのおかげです。月並みですが、そうとしか言いようがありません。

また、私個人のプライベートでは結婚というこれまた想像を超えるライフイベントが訪れました。

おかげで、授業中に定番の「非モテ」ネタで笑いをとることができなくなり、ある意味、これがこの10年間で最大の「困難」だったかもしれません(笑)。

そんな感傷にふける間もなく、今日も朝から塾生たちの授業と自習管理、入会手続きや体験授業など、いつものようにごく普通に忙しい1日が過ぎていきました。ありがたいことです。

保護者の方からいただいた宝のお言葉

10年間、自分の塾を立ち上げ、会社を立ち上げてやってきてわかったことは、たぶん私は経営者としてはけっして優秀ではないということです。

ただ、ひとりひとりの笑顔を見るのが人一倍好きなのかもしれない。

これからも、ただそれだけを考えてコツコツと笑顔を作っていこうと改めて思います。

そう、クリスマスプレゼントのように。

それでは、今日はこのへんで。

メリークリスマス!

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする