大きな声で独り言

外出先からスマホで操作できるコンセントタイマー

教室の電気代の明細を見ていると、秋くらいから利用量がぐんと増えていました。

エアコンは、別電源なので、一般のコンセントにつないでいる何かが犯人なはずです。

 

ざっと教室を見回してみると、どうやら犯人は、トイレの便座ヒーター。

じつは、これかなり電気を食うんですよね。

しかも、特定の時間しか使わないのに、自動でオンオフになるわけではないので、だれも座らない便座を懸命に温め続けてくれるわけです、大量の電気を食いながら。

 

そこで、コンセントにつけるタイマーを購入しようと考えました。

この時期ですと、クリスマスツリーのイルミネーションにも利用されている方も多いのではないでしょうか。

 

これなら、生徒が利用する15時から21時半までの間はスイッチオン。それ以外の時間帯は自動的にオフになるようにできます。

ただ、教室を閉めてしまうことが多い日曜日はできれば終日オフにしておきたい・・・。

そんな希望を叶えてくれるコンセントタイマーを見つけてしまいました。

しかも、旧来のタイマーとたいして値段が変わらないのがすごいです。

 

【レビュー】Merossのスマートコンセント「Smart Plug Mini」を使ってみた!初期設定の方法も徹底解説!

 

これは、なかなか優れものです。

曜日ごとにオンオフの時間を決められるだけでなく、

スマホからオンオフを操作したり、状態を確認することもできます。

 

使い方次第では、もっといろいろな応用ができるようです。(個人的にはIFTTTに対応しているのがうれしいです)

【レビュー】Amazon EchoとMerossのスマートコンセント「Smart Plug Mini」の連携方法!Alexaが反応しない場合の対処法もご紹介!

 

こんな感じでひさしぶりにワクワクする買い物になりました。

 

え!?電気代?

おそらく1シーズンで確実に元が取れるくらいじゃないかと試算しています。

 

 

 

おっと、妻が呼んでいます。

それでは、今日はこのへんで。

 

 

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする