大きな声で独り言

お医者様の圧倒的なかっこよさ

私事ながら、数十年ぶりに大学病院なるところへ行ってきました。

 

私はいたって元気そのものなのですが、家族がこれから手術を受けることになり、その初回面談みたいな感じです。

 

婦人科ということもあるのか、今日のお医者様は女性の方でした。

この方がなかなかかっこよくてですね。

成績が良い子がまとうのと似た感じのオーラをまとっていると言ったらよいでしょうか。

 

もちろん、お医者様ですから、みなさん大変優秀ではあるのですが、そのうえでにじみ出る個性が、なんというかカッコイイんですよね。

お話しが、理論整然としてわかりやすく無駄がない。

それでいて、患者がちょっと気持ちを許したなと思うと、間髪入れずに友達口調で応じたり。

 

「次回の担当の先生は、サバサバした私なんかと違って『優しい』先生ですからね。」

なんておっしゃるのですが、いえいえ、先生のやさしさ、とても伝わってきて家族で感激してたところですよ。

 

スマホケースがルイ・ヴィトンだったり、マウスパッドがミッキーマウスのロゴマークだったりするところはお茶目な感じがしますし。

 

 

少し前に、翔智塾にも難病を抱えている生徒さんがいました。

この生徒さんも、担当のお医者様にあこがれて医療の道を目指すようになりました。

今日は、その生徒さんの気持ちがとてもよくわかりましたね。

 

私もお医者様と同じく「先生」と呼ばれ、人の人生を作る仕事です。

それだけに、今日出会った先生には、自分がどれだけ「先生」でいられているか、考えさせられました。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする