塾の日常

テキストをフィリピン在住の生徒さんに届けてきた

フィリピン在住の生徒さんとオンライン授業が始まっています。

その生徒さんが、たった2日間一時帰国するというので、一足早く冬期講習用のテキストを届けることにしました。というのは、海外での日本人対象の私立高校では、入試が晩秋であることが多いからです。

 

まずは、南流山にある教材会社さんに向かいます。今日の午前中の便で到着ということなので、お昼直後にアポをとってあります。

 

 

と、その前に

腹ごしらえ!

駅近のラーメン屋さんに入り、あんかけ肉そばを写真を見て注文。

 

お~、これは!!!

で、でかい!

私はお腹の脂肪が物語るように、かなりの大食いなのですが、これはかなり満腹になりました。朝、ジムで筋トレしておいてよかったです。(#^^#)

 

らぁめん和さんというお店です。駅から近いのですが、奥まったところなので最初はわかりづらいと思います。昭和テイストをそのまんま残した感じのお店で、夜は居酒屋兼ラーメン屋さんとして営業しているそうですよ。

越谷レイクタウン教室へ行くときの通り道でもあるので、また寄って別のメニューも楽しんでみようと思います。

 

お腹もいっぱいになったことですし、一路、教材会社さんを目指します。いつもは車で来るので、駅から歩くのは初めてです。

 

 

思いのほか駅から近くて、あっという間に到着。

 

ここでは、この会社が扱っている膨大なテキストを閲覧することができます。最初に翔智塾のテキストを決める時、ここで3時間過ごしたことがあります(^_^)a

「他のテキストをご覧になっていかれますか?」

という悪魔の囁き(=ご厚意)を振り切って先を急ぎます。(;´∀`)マタキマス

 

というのは、件の生徒さんが午前中は都内の高校を見学、午後には成田でフィリピンへ発ってしまうのです。

 

スマホでお互いの位置を確認しながら、待ち合わせ場所の日暮里駅へ急ぎます。

 

急に横に座っていた人が立ち上がると、赤ちゃんを連れた女性に席を譲りました。

しまった・・・スマホを操作していて気が付かなかった・・・こういうの悔しいです。(>_<)ゴメンナサイ

 

気を取り直して・・・

日暮里駅に着いてびっくり。いつのまにか広くきれいに改良されていますね。私が毎日予備校へ通っていた時とは大違いです。(*’▽’)

無事テキストを渡して任務完了です。(=^・^=)

ほんとうに時間ギリギリでしたが、間に合ってよかったです。

間に合わなければ、フィリピンまで届けに行かなければならないところでした。(あ、その方が楽しそう)

 

成田空港へ向かうスカイライナーを見送ります。(@^^)/~~~

 

入試までの残り僅かな時間、全力でラストスパートを駆けていきますよ!

 

 

それでは、今日はこの辺で。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする