塾の日常

自己ベスト更新の夏休みでしたね

夏休みの勉強の成果を測るための全国模試を今週末に行います。

 

しかし、日程の都合から一足早く今日受験した子が何名かいます。

 

模試が終わると、解答用紙は業者にさんに送ってしまうので、その前にコピーをして自己採点をさせています。

個別指導の子は、次の授業でできなかった問題を再度解説するときにもそのコピーを使いますしね。

 

模試は、今後の勉強をより効率的にしていくための指針になりますから、欠かせません。

模試を有効活用して効率的な勉強を

 

 

さて、自己採点をしている子たちの表情が明らかに・・・というより、あからさまに(笑)ニヤついています。

夏休みにあれだけしっかり勉強したのですから、成績がアップしないわけがありません。

 

「模試がこんなに楽しいとは思いませんでした。」

なんて、2か月前には考えられないようなセリフを言う子もいます。

 

「『文法パターン練成』がんばったら、30点アップしました!」

という子もいます。

英文法1000問達成1号は,つくば教室のA君!

 

 

いずれにしても、

「がんばれば、自分でも成績は上がるんだ」

という実感と自信を得られたことが、今後の人生でも大きなアドバンテージになります。

 

といより、そのために、受験勉強は存在するのですからね。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

(冒頭の写真は、この夏に中3生たちが取り組んでいる問題集やテキストです)

 

 

 

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする