塾の日常

中3生は8月から4時間の休憩時間!?

8月からは、小中学校での特別授業が終わるので、大きく時間割が変わります。

 

これまで午前中に授業をして、夜まで自主をしていた中3生たちは、午前中に小学生の授業が入ってくるので午後にまわってもらうことになります。

 

 

とはいえ、そのあたりさすが中3生です。

 

「朝から勉強したいけれど、授業がないとちゃんと行けるか不安だなぁ。」

 

と不安とやる気を口にしてくれていました。

 

 

 

そこで、これまでどおり朝の最初の授業1コマぶんは、中3生の授業を入れ、そのあとはお昼まで小学生の授業を入れるスケジュールを組みました。

というか、このパターン、毎年なんですけれどね。

 

そうすると、中3生は1コマ目と2コマ目の間が4時間強の「休憩時間」が発生するというふつうの塾ではありえないスケジュールになります。

 

こうすることで、午前中は自習・午後は授業というスタイルに容易に移行できるので、すでに午前中は授業で午後は自習というスタイルが身についているうちの中3生にとっては何かとメリットが大きいのです。

 

 

昔は1コマ目が早朝6:30からだったので、さらに長い「休憩時間」だったわけですけれどね。

 

 

中3生、とても良い感じで長時間勉強が習慣化しています。

その大切な宝石の原石をさらに磨き上げるべく、あと1か月、全力で伴走していこうと思います。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

 

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする