塾の日常

6月の入退室ポイント上位者発表

月初め恒例の入退室ポイント上位者発表です。

6月は、中学生の総体があった影響もあり、順位の変動がかなりありました。

部活でどうしても自習室に通いづらくなった公立中学生をよそに、並木中等や江戸取などの中高一貫生の強さが目立つ結果になっています。

 

それでは、実際にランキングを見てみましょう。

 

小学生部門

1位 小5 Tさん 100ポイント

2位 小5 Sさん  85ポイント

宿泊学習などの欠席などもありましたが、今月も中学受験生たちはがんばっていますね。

「自習室に行き過ぎ・・・」

なんて悩まれている保護者の方もいらっしゃるくらいです。

 

 

中学生部門

1位 中1 Eさん 118ポイント

2位 中3 Tさん  85ポイント

中高一貫校の生徒さんが強い傾向にありますが、下旬に部活が終わった公立の中3生が急激に追い上げてきています。今後に期待ですね。

 

高校生部門

1位 高1 Mさん  65ポイント

高校生部門は、一部データが欠損してしまっていたので、1位のみの結果です。通学と通塾あわせると時間がかかる中、最もその時間がかかるMさんが堂々の1位でした。

 

外部教室部門

1位 中3 Aさん  48ポイント

外部教室はやはり中3生が強いですね。好むと好まざるとにかかわらず、受験によって実力が判断されてしまうという現実は、人を大人にしますね。

 

※男女区別なく敬称は「さん」で統一しました。

 

7月は後半から夏休みに入りますね。

また今回とは違った結果になってきそうです。楽しみですね。

 

 

それでは、今日はこのへんで。

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする