勉強法

勉強の効率を上げるための速読

「国語力を重視した全教科指導」

をSTUDY PLACE 翔智塾ではうたっているわけですが、

この「国語力」のひとつに速読力があります。

 

センセーショナルな伝え方が好きなテレビなどでは、ものすごい速度で読んでいく様子が紹介されがちですが、

STUDY PLACE 翔智塾では「勉強に必要な最低限の読む速度を身につける」ことを主眼にしています。

それくらい、読書になじみの薄い今の子たちは、読むのが遅いのです。

 

読む速度が上がれば、受験時に有利なのはもちろん、ふだんの勉強の時間も大幅に短縮できます。

そういったこともあり、今や大手塾さんをはじめとして、速読トレーニングを導入していない塾さんの方が少数派なくらいです。

 

今日は、その速読システムの本部で開催された勉強会に参加してきました。

講師は、スクールのぞみの安藤伸江先生。

安藤先生は、進学予備校で様々な役職を務められたあと、スクールのぞみを創立され、幼児教育から社会人教育まで幅広く対象にした「のぞみメソッド」で多くの生徒さんの学力を大きく向上させてきた方です。そして、そのメソッドの中核のひとつが、まさにこの速読なんですね。

「速読の母」なんてニックネームがつくほど、安藤先生の速読トレーニングの使い方は長年の検証に裏付けられたすごいものです。

そして、安藤先生のお人柄もまた、「母」と呼ばれるもう一つの所以です。(=^・^=)

私は、一昨年お会いしたときから安藤先生の大ファンなんです。

 

その安藤先生が今日の勉強会で惜しみなく速読トレーニングの有効活用方法を解説してくださいました。

学んだことは、さっそく翔智塾の速読トレーニングに取り入れていきますね。

 

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする