塾の日常

東大へ

「志望校は東大です!」

という塾生の一言からはじまった東大生交流&東大ツアーの企画から無事帰ってきました。

 

さすがにこういうイベントを募集すると江戸取生が多く参加してくれますね。

今回の参加者は全員江戸取生でした。

その足取りを振り返ってみますね。

 

まず、朝の9時に守谷駅前校「木もれ陽サイト」に集合して、電車で移動です。

「初めてつくばエクスプレスに乗る!」

という子もいて、毎日電車で千葉県内まで通塾していた私は軽くショックを受けます(笑)。

とはいえ、みんな自主的に動いてくれるので引率は以前のバスツアーよりもはるかに気楽でした。

 

まず、Z会東大進学個別指導教室プレアデスさんに到着。受付をします。

13423610_626363147512584_2026975263_n

ガチガチに緊張する子もいて、なんだか微笑ましいやら、心配やら・・・。

 

高校生の講座は午前中、中学生の講座は午後なので、ここでふたてに分かれます。

 

中学生たちは塾長引率の東大ツアーです。まずは定番の赤門。

13320301_1751434398465255_1905078698_n

メディアでもよく見かける赤門を実際に目にして、さきほどのガチガチの緊張感もふっとび、テンションが上がっていきます(笑)。

 

13329087_601347343349478_1925301032_n

正門から見たいちょう並木。奥にあるのが安田講堂です。ここに来るまでにすでに大学特有の雰囲気に塾生たちは圧倒されっぱなし。

 

13437206_1736231896645818_632414529_n

安田講堂では、午後から学生さんたちのジャズコンサートがあるそうで、楽器を持った東大生が続々入ってきます。

中まで入ってきましたが、トイレのきれいさにびっくりする塾生。

 

13422851_288658174815316_4239370_n

さすがに夏目漱石の「三四郎」は知っている子たちなので、三四郎池の名前に感心をしていたのもつかの間、

池の鯉やらトカゲやらに大興奮。まぁ、男の子たちですから・・・。

 

13394981_122159324873551_1389912874_n

安田講堂の地下にあたる食堂で学食をいただきました。これで600円、学生は500円でいただけます。

わたしが大学院生時代、何度かお世話になった食堂ですが、雰囲気など、ほとんど変わっていない気がします。

当然、男の子たちにとっては「本日のメインイベント」状態・・・まぁ、たくさん歩いてお腹もすいたしね。

 

さて、Z会東大個別指導教室プレアデスさんに戻り、講座が終わった高校生たちを迎え

これから受講する中学生たちを送り出します。

午後の講座は、塾長も飛び入りで参観させていただきました。

 

13408779_1713313238923207_2112052828_n

現役東大生が、東大生活の魅力についてプレゼンをしてくれます。

聴いているのはみんな東大を目指す中高生たち。ふたたび、ガチガチに緊張しだすわが塾生たち(笑)。

さすがなのは、聴講生たちみんな開始までのわずかな時間も問題集を解いて勉強していることです。

<どうせ「遊べない」時間なら、きちんと勉強する>という考え方が、結果的に時間の余裕を作り出すんですよね。

ぜひ、塾生たちに真似してもらたいところです。

 

 

東大生たちのプレゼン・講座はたいへんすばらしいものであったのは言うまでもありません。

また、Z会東大進学個別指導教室プレアデスのスタッフのみなさまには今回もいろいろとお心配りいただき大変感謝しております。

ありがとうございました。

 

今後も、Z会東大進学個別指導教室プレアデスさんでは様々なイベントが企画されています。

参加してみたい塾生はぜひお声がけください。きっと、勉強に向かう気持ちがもっと軽くなるはずですよ。

 

Z会東大個別指導教室プレアデス

http://www.zkai.co.jp/juku/high/t_kobetsu/index.html

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする