勉強法

入試を終えた君たちに

智香さん
高校入試、やっと終わったね。
翔くん
さぁ、これで楽になった!遊ぶぞぉ~!
塾長
暖かくなったせいかな?なんかぬるいこと言っている人がいる気が・・・
智香さん
え!?だめなんですか?
塾長
いや、別にいいよ。君たち自身の人生だからね。まぁ、そうやって、日々「敗者」が生まれていくんだけどね。

受験勉強で学んだことは何でしょうか?

国語、英語、数学、理科、社会・・・・ですか?

でも、それって、「大人になっても使わないから役に立たない」って、君たち自身が言っているじゃないですか。

繰り返された定期試験、模試、そして最後の仕上げとしての入試。部活なんかもわかりやすいですよね。

これらの小さな勝負で勝者となった人たちの勝因は何でしたか?

もちろん、勝因はひとつではありません。

でも、あえてこのタイミングでひとつあげるとすれば、それは

「少しでも早く練習を始めること」

です。

試験という試練で超えるべき高さというのは、あらかじめ決まっています。

1日でも早く登り始めればゆるやかな坂道です。

始めるのが遅くなれば遅くなるほど坂道は厳しくなるし、たいていは途中で息切れしてしまったりします。

大人たちが試験という試練を子どもたちに課すのは、こういう真実を何度も体験させて気が付いてほしいからなのです。

そして、そういう体験で得られた習慣が、仕事をしていくうえでとても大事なのです。

今、こうしているうちにも、次の試験のライバルたちはスタートをきっているはずです。

良いのですか?彼らに独走を許して。

智香さん
そっかぁ。じゃぁ、私も今からスタートを切ろう!
翔くん
ライバルに負けたくないからね。
塾長
ほぉ。
智香さん
だって、ホワイトデーもうすぐですよ!ライバルのあの子には負けられないわ!

アイコンは、現塾生の比留間未桜さんが作ってくれました!
(お名前を出す了解をとっております)
https://mh-type-illust.tumblr.com/

The following two tabs change content below.

中村 五十一

株式会社スタディー・プレイス代表取締役。STUDY PLACE 翔智塾の「ボケ」担当、「ツッコミ」は生徒たち。授業は「生徒たちとの掛け合い漫才」だと思っている。塾講師歴25年。県下最大手塾の教室長などを歴任。千葉テレビの「茨城県立高校入試の解答と解説」で3年にわたり解説を務めた。
シェアする